2008年08月13日

豚丼×マヨネーズ×牛乳/北海道の名物

豚丼用クリーミーソースの目安
* 牛乳 1 : マヨネーズ 1 × からし 少々


whitepork.jpg

本格的な和食が気軽に楽しめる
渋谷の人気店「One Garden」さんのまかないに惹かれました
【白豚丼】
<材料>(2人分)
和風だし・・・大さじ2
しょう油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
豚ばら肉・・・200g
ご飯・・・丼2杯
レタス・・・2枚
マヨネーズ・・・大さじ2
牛乳・・・大さじ2
からし・・・適量

<作り方>
1.和風だし、しょう油、砂糖を混ぜ合わせ、
合わせ調味料を作っておく。
2.フライパンで油を引かずに中火で豚ばら肉を炒め、
合わせ調味料を加えよく絡ませたら、 火を止める。
牛乳とマヨネーズ、からしを混ぜ合わせ、ソースを作る。
3.器に盛ったご飯の上に、
千切りにしたレタス、炒めた豚肉をのせ、
白ソースをかけたら、白豚丼の完成。

TBS「はなまるマーケット」
北陽の「まかないラバーズ」

|| 実践・実食 ||
作るのはレシピ通り難しくなくできた

牛乳とマヨネーズの白いソースもかけると
「白豚丼」という名前の通り豚を白く覆っていい感じ

まちがいなく美味しい
でも、「はじめて」というのではなく
「この味知ってる」って感じ
「何の味のおいしさ?」食べながら考えていたら
奥様が
「あっ! これって、お好み焼きのおいしさじゃない?」
なるほど・・・そうかもしれない・・・でも
お好み焼きは「ソース」、今回の豚の味付けはしょうゆ・・・?
でも、確かにそうかもしれない。

ということで

* 牛乳 1 : マヨネーズ 1 × からし 少々

お好み焼きマヨネーズトッピングの味を
丼ぶりで楽しめる目安、とします。

One Gardenさん、はなまるマーケットさん
ありがとうございます。

<本日のおかわり>
「豚丼」が名物のまちがあった
北海道・十勝、豚丼検索サイト「ブタドン.コム」
豚丼コレクション - 十勝・帯広名物「豚丼(ぶたどん)」食べ歩き紹介
豚丼といえば十勝・帯広 十勝への招待状 - 豚丼(ぶたどん)コーナー
あのアメリカ産牛肉規制のよって大手牛丼店がメニューに加える以前から
豚丼=北海道 だったのだ、知らなかった
北海道のみなさん、すみません
posted by 808 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2008年07月31日

鶏むね肉でもやわらか焼き!おネエMANSマロンマジック

鶏むね肉のさっぱりジューシー焼き衣の目安
(鶏胸肉 1枚 約160gにつき)
* 片栗粉 大さじ1 ゆかり 大さじ1


yukarichikin2.jpg

肉も魚も筋筋、パサパサがかなり苦手
そんなところから
鶏むね肉もあまり手を出さなかったところ
ありがたいページを発見
片栗粉を使う事で、鶏肉がパサパサにならずにふっくらと焼きあがります。

鶏ささみ   250g
ゆかり    大さじ3
片栗粉   大さじ2
オリーブオイル   大さじ2
カイワレ大根   1/2パック

1、鶏ささみは1/4にカットする。
2、ゆかりと片栗粉を混ぜ、ささみの表面に粉をまぶす。
3、フライパンにオリーブオイルをひき、中火で2のささみを両面ともに焼いていく。
4、焼き色がついたら、器にカイワレをひきその上に盛り付けて完成。

ささみや胸肉のぱさつきが嫌いだという方は多いですが、
それは肉汁が外に出てしまっているからです。
今回のようにひと手間かけて、衣をつけることで
ふっくらと焼きあげることができるんですよ♪

飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

料理研究家・フードスタイリストの
マロンちゃんこと板井典夫さんも
鶏肉を「プリプリ・ジューシー」に火を通す裏技として
こんな紹介が
【お肉プリプリ卵トロットロ親子丼】
★今回のマロンマジック

・鶏肉に片栗粉をまぶす!
表面を片栗粉でコーティングすることで
肉汁を閉じ込め、お肉をプリプリにする効果があるのだとか。

おネエMANS/Do you know オネエマンズ?
おネエMANS/お得情報

|| 実践 ||
筋筋になってしまっていた時とちがうのは
片栗粉とゆかりをまぶしただけ
でも本当にふっくら・弾力がある感じに焼けた
さらに味は、ゆかりでさっぱり・さわやか

鶏むね肉のさっぱりジューシー焼き衣の目安
(鶏胸肉 1枚 約160gにつき)
* 片栗粉 大さじ1 ゆかり 大さじ1

むね肉は、比較的、もも肉より安く手に入れられるので
この目安、家計にもいいです。

<本日のおかわり>
鶏むね肉をジューシーに食べる為の一工夫
他にはこんな漬け込む方法も
信じられないくらいやわらかに〜♪
材料は水と塩と重曹だけ!
安い時に大量に買って、冷凍保存もできます。
鶏の臭みも取れます!

材料 ( 2枚分 )
・・・
簡単♪鶏むね肉をやわらかく仕上げる方法 by きゃめまま


posted by 808 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2008年06月26日

豚冷しゃぶの裏技/ワイン:シャブリ選びの注意

豚冷しゃぶをおいしくする下ごしらえの目安
(4人分)
* 豚肉 300g に 片栗粉 大さじ4を2回に分けてまぶす


coldshabu.jpg

さっぱりお肉を食べたい
→冷しゃぶをおいしく
【絶品冷しゃぶ<豚肉の下ごしらえ>】
<材料>(4人分)
豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・300g
片栗粉・・・大さじ4

<豚肉の下ごしらえ>
ボールに豚肉を入れ、片栗粉を2回に分けてまぶし、まんべんなくつけて馴染ませる。

はなまるマーケット
はなまるマーケット「絶品!豚肉の冷しゃぶ」

|| 実践 ||
番組で教えてくれた通り
豚肉に片栗粉をまぶそうとしても
肉が丸まったりしてうまく均等にまぶすのはむずかしい
そこで、2回に分けてまぶす
1回目まぶすとくっついたり丸まっている肉がはがれやすくなり
そこに残りの片栗粉をまぶすと全体にまぶしやすくなる
ということ
実際、肉の表面にうまく全体的にまぶすのは2回に分けても
なかなかむずかしかったですが
根気よくがんばってみて、それを茹でると
確かに「モチモチ」で「おいしさが詰まっている」感じに出来上がりました

一手間かけられる時間がある時は活用したい目安

<本日のおかわり>
「しゃぶ」といえば「シャブリ」
有名辛口白ワイン
このシャブリは産地のこと
シャブリというのは、フランスのブルゴーニュ地方最北にあるワイン産地。
シャブリ地区で造られた白ワインだけが「シャブリ」というワインになります。

シャブリ|ワインショップ、イーエックス

あとこのシャブリにはこんな話も
白ワインと言えばシャブリ!! 
フランスのブルゴーニュ地方北部で造られるこのワインは
世界で最も有名な白ワインです。
でも一方で、最も悪名の高いワインでもあります。

インタ-ネットワインショップK's CELLAR

いくつかの悪い話のあるようです
一度、確認してみてもいいのでは


大きな地図で見る

人気ランキング ブログ王 にほんブログ村 料理ブログへ

posted by 808 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2008年06月05日

ささみをレンジでジューシーに/筋とり【動画】

加熱用鶏ささみをおいしくいただきたい
 簡単に電子レンジでジューシーに蒸す時間の目安
(今回はささみ3本)
* 塩 ひとつまみ お酒 小さじ1をふりかけ ラップをし
  電子レンジ(500w)で2分
      ひっくり返して 1分
  ラップしたまま余熱で  1分
 ※ささみは耐熱皿に並べてレンジに入れます
 ※ささみは各々大きさが違うので微調整必要


sasamisake.jpg

「加熱してください」と書かれた鶏のささみ
これが家計にやさしい
さらに
ささみ
アミノ酸のバランスの良いたんぱく質を多く含み、
脂肪分も少ない柔らかい部位です。
蒸し物やフリッターに最適です。

とり肉の部位:お料理基礎知識:misbit.com

とり肉の中でも
高タンバクでいちばんローカロリー
霜降りであれば
簡単においしく食べられるが
「加熱用」となると
→加熱し過ぎると食感はパサパサに
→ちょうどいい具合に加熱する目安は?【簡単に!】
大き目のささみが6つで210円と安かったので初ささみ。
酒と塩をふって、レンジで1分半。裏返して1分。
しばらくそのまま煮汁に漬け(やわらかくなるらしい)
塩コショウ・バジルをしレモン醤油をしぼっていただきました。

*ささみのレンジ蒸し* temaa*hima - 楽天ブログ(Blog)

これ簡単でおいしそう

実践

筋をとったささみ3本
(ささみの筋をとる技は下を確認)
電子レンジでも大丈夫な皿に並べ
塩 ひとつまみ+酒 小さじ1 をふり
ラップをして電子レンジへ
レンジ(500w)で2分加熱
確認してみる→皿に接していた辺りが加熱されていなかった
ひっくり返し(3本の間隔も離した)1分加熱
加熱が終わった後も1分程ラップをしたまま放置
1分の放置後、切ってみると
ささみの先の細い辺りはしっかり加熱されていたが
全体としてはちょうどいいくらいに熱が通っていて
うまくいきました
よかった

今回、いろいろ捜していた中
Mizの料理日記:ささみと紫蘇チーズの簡単レンジ蒸し〜梅ソース〜
こちらもおいしそうで、今度、作ってみます

この「ささみと紫蘇チーズの簡単レンジ蒸し」など
今日の目安、これからの暑い季節に活躍させます

<本日のおかわり>
鶏のささみは筋をとらないといけない
筋の取り方を動画で確認できるページ見つけました
ササミの筋をあっという間に取る裏技や、
このお料理にぴったりなワインもご紹介しています。

沢樹舞のINTIMEな日常

ソムリエ文筆家・沢樹舞さんが
「豆鼓」を使った鶏ササミのソテー作りを教えてくださっている中で
00:58辺りから、ササミの筋の取り方を紹介していらっしゃいます。
参考になります

人気ランキング ブログ王 にほんブログ村 料理ブログへ
posted by 808 at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2008年05月02日

肉を美味しく焼くためにいつ塩をふる?

肉を焼く時の「塩・コショー」のタイミングの目安
* 焼く直前にするのがよし?



お肉を焼く時、「ステーキ」「ソテー」「塩焼き」・・・
「塩・コショーをして焼きましょう」
と言われるのをよく聞きます。

ここは、目安マニアとして、少し
【塩・コショーを振るタイミング】を調べてみました。

まず、「鶏つくねの作り方の目安」に書きました
昔から好きな「食」雑誌dancyuの1994年5月号「料理上手になる」特集で、
西荻窪の居酒屋「眞砂」岩田博之さんが
ステーキの焼き方を指南されている中、こう紹介されていました。
肉の表面の蛋白質は、熱によって固まるが、
塩をすることにより、さらに即効性が増し、
すぐに固まって中の旨味を逃さない。
しかし、あまち早くから塩をふると、水っぽくなってしまうので
焼く直前にすること。

直前なんですね。

他にも「直前論」はたくさんあります
http://www.yonezawabeef.net/steakyakikata.htm
http://www.e-meat-takano.co.jp/takano-kitchen.html
http://www.bishokuya.com/yakikata/yakikata.html

オーガニク天然塩通販サイト
塩に精通している所ですね。
こちらにちょっとおもしろい記述がありました。
お料理の数時間前に振る塩は、
肉の中の余分な水分を吸い出して浸透する塩分と
流れ落ちる塩分もありますから2%で、
あとは調理する前に振り塩で調整します。

二回、塩を振るといい説、が出てきました。

もうひとつ、
別の「塩」にこだわったコラムサイトでは
■ステーキを焼く前の下味をつけるタイミング
お肉を焼くときの下味(塩コショウ)をあまり早すぎてしまうと、身が締まって硬くなってしまいます。
また、浸透圧の作用によって肉の旨みが出てしまいます。
牛肉の場合は、薄めの肉の場合は5分くらい前に、厚みのある塊のものは30分ぐらいを目安にするといいでしょう。

焼く肉の厚さによってタイミングを変えるとよりいい、
という新しい考えです。

現状は、これまで直前しか試したことがないので
上に記した「直前」という目安にしてみますが
これについは、時間がある時にもっといろんな説を探す
プラス、試してみます。



posted by 808 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。