2008年05月19日

焼きそばの悩みを解決

 おいしいやきそばをこしらえる目安
* 麺は最初に、こんがりした焼き色が付くくらい炒めておく
  ※色で言うと「茶色」の美味しい焼き色を目指
  ※中火


grilnoodle.jpg

焼きそば作りの悩み
【具はいつ入れる?】
 →麺より先の場合
  ・もやしやキャベツなど歯ごたえがなくなりそう
  ・肉が炒めまりすぎて堅くなりそう
 →麺の後の場合
  ・しっかり焼くことで具の旨みを出そうとすると
   先に炒めている麺が焦げたりしそう。

「具と麺がおいしく炒まって
 両方の美味しさがうまく絡み合うよう仕上げるのは
 むずかしい」

この悩みを
グッチ祐三さんの「早うまレシピ」が解決
焼きそばのおいしさは、
めんをこんがりとちゃんと焼くことだよ。

1.中国めんはよくほぐしてフライパンに入れ、
  ごま油大さじ1をかける。

2.中火で両面をこんがり焼く。
  焼けたらいったんボウルなどにあけておく。
コレ、素晴らしい。
・麺を最初にしっかり焼いておく
・麺と具を手早く別けて炒めて、合わせる
この2点が悩みを一刀両断に解決
めんの焼き加減には要注意
 → 中火 で、おいしそうな焼き色を目指す
 → 焦げないよう気をつける。

この目安、しっかり「あり」だと思います。


<余談>
「焼きそば」と言えば
VVV6 東京Vシュラン2
やきそばばかを名乗る高橋克実さんが
三軒茶屋の劇場に来たら必ず寄る
とオススメした三軒茶屋 ヤンヤン
上海やきそば 「シャン焼き」

このお店「行って見たい」です。

人気ランキング ブログ王

posted by 808 at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。