2008年08月28日

アメトーク×ケンドーコバヤシ×油揚げチャーハン/ほっしゃん。さんが「たまらん」

油揚げチャーハンの目安(2人分)
* 油揚げ 2枚 × ごはん 2杯分 × 醤油 小さじ1


agechahan.jpg

テレビ朝日|アメトーーク!
8月21日(木)の「あぶら揚げ芸人」で
バッファロー吾郎:木村明浩さんがこんな美味しそうな話を
されてました
僕のマイ・ベストあぶら揚げは
ケンコバ特製 揚げチャーハン

ケンドーコバヤシくんが考案して
僕が教わって、油揚げがある時でちょっとご飯が余ってる時は
これして必ず食べる

ということで「油揚げチャーハン」制作

目安流<作り方>
1.熱湯に20秒入れて取り上げた油揚げをさいの目に切っておく
  (油抜き)
2.温めたフライパンに1の油揚げを入れ
  カリカリになるまで炒め醤油(小さじ1/2)で味をつけておく
3.2のフライパンにご飯を加えパラパラになるよう炒め
  最後に鍋肌より醤油(小さじ1/2)量回し入れ全体に馴染ませ
  味見をして(足らない時は軽く塩・コショー)できあがり

アメトーーク!で紹介された「揚げチャーハン」の写真では
万能ネギらしきものが入っていましたが
お家にはなかったので変わりに「みょうが」「水菜」を刻んで入れてみました。

ポイントは、
・油揚げは小さいさいの目に切りご飯を入れる前に醤油を降りかけておくこと
・ご飯は「薄味」なこと
食べた時に「香ばしい醤油味のカリカリ油揚げ」と「薄味のご飯」が
いい食感と味に楽しめます。

<本日のふろく>ちなみに
アメトーーク!「あぶら揚げ芸人」の中で
ほっしゃん。さんのマイ・ベストあぶら揚げは
伝統のおそば「へぎそば」のお店 「へぎそば 匠」のメニュー
「栃尾のジャンボ油揚げ」
「油揚げのはさみ焼き、
 中に葱を詰めたり、たまらんのですよ」

新潟栃尾の揚げは、日本一でっかくてぶ厚い
葱入り 

へぎそばの本家 匠 東京 お品書き

これには、司会の雨上がり決死隊さんも
「これは、たまらんなぁ〜」としっかり同意されてました

posted by 808 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105617538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。